お尻にできたニキビが痛い!普段の生活から見直して改善しよう

スポンサードリンク

座ったときに何かお尻に痛みが…

鏡でお尻を見てみたらニキビが出来ていた…

そんな経験ありませんか?

どうしてお尻にもニキビって出来てしまうのでしょうか?

今すぐ知りたいお尻のニキビの原因と対処法をご紹介します。

【まずはニキビの出来る原因を知りましょう】

お尻のニキビが出来てしまう理由は実はいろいろあるんです。

理由1:皮脂の過剰分泌

お尻は顔や背中についで皮脂が分泌されやすい場所でもあるんです。

皮脂は体に潤いを与えるためにも必要なものですが

過剰に分泌されると、毛穴が詰まってしまい、

アクネ菌が繁殖しニキビが出来てしまいます。

また皮脂が過剰に分泌されるのには他の理由があります。

それは肌が乾燥していること。

これも皮脂の過剰分泌の理由になります。

顔の肌質として乾燥肌と脂性肌の方、

そして混合肌の方いらっしゃいますよね。

お顔だけでなくこの肌質は体にもいえることなんです。

お尻は皮脂が分泌されやすい場所である反面、

乾燥しやすい場所でもあるのです。

肌が乾燥すると潤いを与えるために皮脂が過剰に分泌され、

結果毛穴が詰まってニキビが出来てしまうのです。

理由2:お尻の肌が厚くなる

お尻は座りっぱなしだったり、

きつめの洋服を着ることでの摩擦によって肌質が硬くなります。

皮膚が硬くなることで毛穴の開け閉めがスムーズに出来なくなり、

毛穴が詰まってしまい、ニキビが出来やすくなります。

理由3:雑菌が繁殖しやすい

お尻は下着や洋服によって刺激されやすい場所でもあり、

ムレやすい部分です。

女性であれば生理の時期はナプキンの使用によって

更にムレてしまいます。

ムレることによって菌が繁殖しニキビの原因となります。

お尻はたくさんのことから刺激を受けやすい場所でもあるため、

ニキビが出来やすくなってしまっているのです。

【お尻にできたニキビを治すためのポイント】

ニキビを治すためにはいくつかのポイントがあります。

その中でも特に大切になってくるのが

”お尻を清潔に保つ“ということです。

清潔に保つ方法としてはしっかりお風呂で洗う

ということが重要になります。

しかしゴシゴシ洗うと肌への刺激になってしまうので

やさしく石鹸やボディーソープの泡を使って洗うようにしましょう。

また硬くなってしまった肌を柔らかくしたい

と思っている方には

ピーリング剤を使用するのがお勧めです。

ピーリングには角質を除去する効果があるので、

毛穴を詰まらせないためにも有効です。

ピーリング後は特に肌が敏感になるので

乾燥させないためにもしっかり保湿させるように心がけましょう。

他にもお尻がムレないために

通気性の良い下着を着用したり、

座りっぱなしのお仕事の方はクッションを使用することで

ムレやお尻への刺激を軽減することが出来ます。

ニキビを作らないためにもお尻に刺激を与えない

ということを意識してみてください。

ニキビは食生活の乱れやストレス、

睡眠不足などからも出来る原因があります。

一生懸命ケアしてもニキビの改善が感じられない方は

生活習慣から見直してみましょう。

生活習慣の乱れは

ニキビだけなく様々な健康被害の原因にもなります。

健康な体を保つためにも

規則的な生活習慣を心がけるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。