みぞおちが痛いのはストレスが原因かも!?効果的な解消方法を紹介

スポンサードリンク

普段はあまり痛みを感じる部分ではない

“みぞおち”に痛みを感じることはありませんか。

食べ過ぎや飲み過ぎなどで痛くなることはよくありますが、

原因がよくわからない突然の痛みでは

胃や内臓系が「何かしらの病気になったのではないか」

あるいは、「異常が発生しているのではないか」

など不安になってしまいます。

いったいどういった原因で“みぞおち”部分に痛みを感じるようになるのでしょうか。

そのひとつの原因が精神的・身体的なストレスです。

それでは、

「ストレスが溜まる原因とは?その対処方法を紹介」と

「毎日を気持ちよく過ごすためのコツ!」

について書いていきます。

■ストレスが溜まる原因とは?その対処方法を紹介

まず、ストレスが溜まる原因について整理します。

1 仕事の量や質

<仕事の量>

多すぎる仕事内容長すぎる仕事時間のために休日が少ないなど、

仕事の量によって生じるストレスがあります。

逆に、暇すぎても生じるストレスもあります。

<仕事の質>

“やりがいが感じられない”、

“ノルマや責任が重い”、

“技術的に難しい”など、

仕事の質によって生じるストレスがあります。

この原因は、ある時点の厚生労働省の「労働者健康状況調査」によれば、

約60%を占めています。

2 人間関係

職場やプライベートでの人間関係から生じるストレスは

大きなダメージを与えます。

この原因は、同様に「労働者健康状況調査」によれば、

約40%を占めています。

3 テクノストレス

現代人に多くなりつつあるストレスとして、

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に対するものがあります。

例えば、次のようなことが考えられます。

・電子機器が苦手でなじめない、適応できない

・長時間の同じ姿勢でモニタを凝視し、操作し続ける

・電子機器がないことによって不安が生じる

4 個々の性格

ストレスを溜めやすい性格の人です。

例えば、以下のような人です。

・競争心が強く、攻撃的な人

・真面目で完璧にこなさないと気が済まない人

・緊張や不安などの自分の感情を抑制したまま、過剰に適応しようとする人

5 睡眠不足

上記の1~4などが引き金となり睡眠不足が続くと、

大きなストレスになり不眠を誘発し、悪循環に陥ることになります。

次に、ストレスの対処方法について整理します。

1 腹式呼吸で自律神経をリラックス

仰向けまたは座って、

一番安心できる場所を思い描きながら、胸とお腹に手をあてて、

だんだん胸よりお腹を膨らますように吸い込む腹式呼吸を繰り返す

自律神経のバランスが整い、リラックス状態を作り出せます。

2 ゆっくり休息

気持ちを楽にして何もしない時間をつくるように心がけて、

十分な休憩をとります。

3 市販の薬を使用

頭痛の場合、鎮痛薬

下痢の場合、止瀉薬

不眠の場合、睡眠導入薬

ストレスから来る胃腸の不具合の場合、漢方処方の胃腸薬

体の疲れを感じた場合、

ビタミンB1/B6/B12などの成分を含むビタミン剤や栄養補給剤など

4 病院で受診

最後は、やはり病院です。

ストレスによる激しい胃腸の痛みの場合、内科や消化器科

気分の大きな落ち込みがある場合、心療内科や精神科

ここで重要なことは、しっかり話を聞いてくれる医師や臨床心理士を選ぶことです。

■毎日を気持ちよく過ごすためのコツ!

  • 食事を楽しむ

当然、できるだけ胃にやさしいものを3食とります。

  • 睡眠を楽しむ

お風呂の湯船にゆっくりつかり楽しみます。

風呂上りの後は自分にあったストレッチを

リラックスしてゆっくりと行ってください。

私のストレッチは、あまり無理をせずに敷布団の上に座り、

呼吸をしながら(止めてはダメです)、

股を閉じて前屈

→開いて左右中で前屈

→寝転がり左右に腰を曲げます。

これだけでも違うと感じています。

  • 空き時間を楽しむ

趣味や運動などで空いた時間を楽しみましょう。

  • 未来を楽しむ

反省することも大事ですが、

あまり気にせず未来の楽しいことを思い浮かべます。

最後に、簡単にまとめると

<ストレスの原因>

・仕事の量や質

・人間関係

・テクノストレス

・個々の性格

・睡眠不足

<対処法>

・腹式呼吸で自律神経をリラックス

・ゆっくり休息

・市販の薬を使用

・病院で受診

<楽しむコツ>

・食事を楽しむ

・睡眠を楽しむ

・空き時間を楽しむ

・未来を楽しむ

となります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。