母の日メッセージで今後の明暗が決まる!?義母の心に響く言葉とは?

スポンサードリンク

日頃の感謝の気持ちを伝える「母の日」。

結婚したら実母だけでなくもちろん義母に対しても行いますよね。

プレゼントを渡すのも良いですが、

プラスしてメッセージカードを渡すというのも、

関係が深まる良い方法ではないでしょうか?

メッセージカードの内容によっては

今後の関係性に亀裂が入ってしまう可能性も…

今回は義母に対して贈るメッセージカードのポイントについてご紹介します。

カードは義母の好みかつ上品なデザインを!

プレゼントを購入するとき、

“おかあさんは何が好きだろう?”

と義母の好きなものや喜ぶものを考えて購入しますよね。

メッセージカードに関しても、どれでも良いということはありません。

文面もとっても大切ですが、

文面より先にメッセージカードそのものが目に入るでしょう。

もしメッセージカードのデザインや柄が

義母の好きなデザインだったら、きっと嬉しい気持ちは増すことでしょう。

義母との関係を良くするためにも、

義母の好きなものをなるべくたくさん知っておくと良いでしょう。

もし花が好きであれば花のデザインのものを選びましょう。

その花が好きかを知っておくと更に良いかもしれませんね。

ただしあくまでもシンプルなものを選ぶのがベストです。

メッセージカードは添えてあるという感じで渡すのが好ましいです。

あまり派手なもので、

メッセージカードの方がプレゼントより目立ってしまうのは

あまり良い印象ではありません。

今後も取っておきたいと思ってもらえる

メッセージカードを渡せると良いですよね。

大きい文字でシンプルに!がポイント

文面を書く時のポイントは

・大きい文字で。

・シンプルに。

・手書きで。

・感謝の気持ちがしっかり伝わるように。

・送り主はご主人と連名で。

・お義母さんではなく“お母さん”または“おかあさん”。

・ご主人の名前は“さん”づけで。

メッセージカードは手紙ではありません。

そのため長い文面を書くのはやめましょう。

感謝の気持ちが伝わるシンプルな文章が良いでしょう。

あまり堅苦しい文面でなくて良いですが、

たとえ仲が良かったとしても

友達に渡すようなフレンドリーな文面にもならないように気をつけましょう。

特にご主人は義母にとって大事な存在だと思いますので、

メッセージカードの中でも連名にしたり、さん付けにすることで、

義母からみても好印象にみてもらえるようになるでしょう。

文面で書くときに気をつけたいのは義母への呼び方です。

お義母さんになってしまうと、

ちょっと距離を感じてしまいます。

もしお母さんと書くのに抵抗を感じるようでしたら

おかあさんにするとよいですね。

初めて書くときはきっと緊張すると思いますが、

母の日を利用して日頃言えない感謝の気持ちを伝えましょう。

メールなどではなく手書きのメッセージの方が

きっと気持ちは伝わりますし、

今後より良い関係性が気づけていくことでしょう。

今年の母の日から早速始めてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。