入学おめでとう!さぁお祝いどうしよう?金額に迷っている方必見です

スポンサードリンク

春になると入園や入学など様々なお祝い事がありますよね。

お孫さんや親せきにむけて

お祝いを渡したいと思っている方も多いでしょう。

でもいったい入園や入学のお祝いって

いくら渡せば良いのでしょうか?

今回は入園や入学の際のお祝いに関してご紹介します。

【幼稚園、小、中、高。それぞれの相場は?】

まずお祝い金の金額は渡す相手との関係性や、

お付き合いの深さ、相手の年齢で変わってきます。

大体は祖父母や叔父叔母(入学入園する子供の親の兄弟)、

近しい親せき(祖父母の兄弟や親のいとこなど)、

友人から贈られることが一般的だと思います。

たとえ親族であっても普段顔を合わせることが少ない関係性の場合は

贈らないという選択肢もあるようです。

<幼稚園入園時のお祝い金>

祖父母…10,000~30,000円

叔父・叔母…3,000~10,000円

親せき…3,000~5,000円

友人・知人…3,000~5,000円

<小学校入学時のお祝い金>

祖父母…10,000~30,000円

叔父・叔母…5,000~10,000円

親せき…3,000~5,000円

友人・知人…3,000~5,000円

<中学校入学時のお祝い金>

祖父母…10,000~50,000円

叔父・叔母…10,000~20,000円

親せき…5,000~10,000円

友人・知人…3,000円~10,000円

<高校入学時のお祝い金>

祖父母…10,000~100,000円

叔父・叔母…10,000~30,000円

親せき…10,000~20,000円

友人・知人…3,000~10,000円

お祝い金を渡す時期は出来れば入園、入学式の2週間前、

遅くても1週間前までに渡すのが良いでしょう。

【最後は気持ち。付き合いの度合いはどうだろう】

入園や入学のお祝いとしてもらったもので

1番多いのは現金だそうです。

しかし、他にも文房具や学校生活で使いそうなものを

プレゼントしたということもあるそうです。

お祝いするという形に決まりはありません。

あなたと贈る側の関係性も含めて

お祝いするものを考えてみると良いでしょう。

<現金以外のプレゼント:幼稚園>

・絵本

・図鑑

・お絵描き帳

・クレヨン

・塗り絵

・ハンカチ

・靴下

・リュックなど

<現金以外のプレゼント:小学生>

・文房具

・図書カード

・リュック

・バッグ

・洋服

・水筒

・傘

・名前シールなど

<現金以外のプレゼント:中学生>

・文房具

・電子辞書

・自転車

・カバン

・時計

・財布

・運動用品(部活動で使うものなど)など

<現金以外のプレゼント:高校生>

・定期入れ

・図書カード

・音楽ギフト券

・パソコン

・時計

・財布

・靴

・音楽プレーヤーなど

幼稚園の時は遊ぶものや夢中になれるもの、

小学校は入学の際揃えなくてはいけないものと、

本人にとっても親御さんにとっても

もらって助かると思えるものを中心に

プレゼントされているようです。

一方、中学校や高校の入学の際は

本人がなかなか買えないものや

欲しいと思うものを中心に

プレゼントされているようです。

お祝いは気持ちが大切なので、

現金を渡すことも良いですが、

なかなか購入できないものをもらえるのも

本人にとっては嬉しいお祝いのプレゼントになりますね。

入園・入学祝いに決まりはありません。

しかし高すぎても相手にとって申し訳ないという気持ちを

持たせてしまうかもしれません。

金額を多く渡すより、

お祝い金とプレゼントの両方を渡す方が

お互いにとって良いのではないでしょうか?

入園・入学祝いだけでなく様々な場面で

人をお祝いすることってありますよね。

どんなお祝いの仕方が1番自分の気持ちが伝わるかを考え、

相手に迷惑のかからない程度でお祝いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。