アレルゲンよ、さようなら。つらいアレルギーの対策は布団から!

スポンサードリンク

日本人は、昔は畳に直接布団を敷いて寝ていたみたいですが、

ダニの餌食にはならなかったのでしょうか。

・知らなきゃ損!天日干しする直前のひと工夫とは⁉

最近テレビなどで取り上げられるダニ。

そんなに気にしてなかったのですが、

3年くらい前から鼻みずがとまらない顔が腫れる

事があったので花粉症かな?

と思って病院にも行ってみて薬ももらってみたけどイマイチスッキリしない。

しかし、テレビを見ていたら、

ハウスダスト・ダニで苦しんでいる人がいるんだと思いました。

私も思いあたる所があるので、もしかしたら?

とこのくらいから気をつけるようになりました。

小麦粉などのコナヒョウダニも怖いそうですよ。

開封したら冷蔵庫保存が良いみたいですね。

粉類も気にしだしたので開封したら、

1カ月単位で捨てるようになりました。

これも正解みたいですが、

ジッパーつきの袋に入れて二重にしても良いそうです。

あと乾燥剤も入れておくと、湿度によって活動がとまるそうです。

布団を干す時ですが、

カバーはつけたままが良いみたいです。

鳥のフンがついたらすぐ洗えるからだそうです。

あと直射日光で生地を傷めないそうです。

花粉もつくのを防ぐ効果もあります。

枕、これにもご注意!

顔に一番近いので、一番きれいにしておかないと体に影響がでますね。

朝起きてもスッキリしない時があります。

・洗ってますか?シーツやカバー。そこには意外な盲点が…⁉

布団のシーツやカバーは

1カ月に一度は洗濯しないとダニが増えてるそうです。

私は掃除機をかける方がいいなと思いました。

洗うのは毎日の家族5人分に

さらに増えるのは面倒だなぁと思ってしまいました。

雨でも続けばさらに大変。

掃除機も大変は大変だけど、

布団の中のダニも取れるし一石二鳥では!?

ベッドに寝るようになり始めたのは昭和38年頃から。

ベッドの方がダニも少ないみたいです。

地面から離れているので湿気もこもりにくく、

ホコリも直接吸わないので理にかなってます!

特に高齢になると体が不自由になってくるので、

畳の上の布団より、ベッドの方が体を起こしやすいし、

寝やすいと常々思ってました。

余談ですが、トイレも和式より、洋式ですね。

やはり、高齢になるにつれ、足の力が無くなるみたいで、

座れる洋式は日本にも昔から絶対あった方が良かったのにと思う今日この頃です。

昔の日本の高齢者は苦労してトイレに行っていたんだなと、

すごいなぁと思いました。

私は体に影響が出てダニに気をつけるようになりました。

子供2人には悪い事したなぁ、

もっと気をつけてやればよかったと後悔しています。

これを見た方は布団のお掃除頑張って下さいね!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。