病気の元は美容の敵!不眠は諸悪の根源です。今日からできる3つの対策!

スポンサードリンク

寝ないという事は、ホント体に影響します。

「若い頃はもっと無理が出来たのに」と言ってる人を見ると、

「規則正しい生活が一番良いよ」と言いたくなります。

寝る前のスマホ厳禁!液晶画面が及ぼす悪影響の恐ろしさとは!?

スマホから出ているブルーライトは体に悪影響を与え、

不眠になるようです。

眠気を誘うメラトニンの分泌を乱れさせます。

子供には言ってはいますが、

自分がスマホを離せないので強くは言えません。

スマホで検索すると勉強でわからない時、結構便利なんですよね。

寝る前のスマホは、

頭痛、耳鳴り、眼の奥の痛み、めまい、吐き気など、

2〜3種類の症状が同時に現れることもあるそうです。

◎つまらない本を読むと眠くなる?…はい、正解です(笑)

環境が変わると眠れなくなる・・

違う所で寝たりすると、気を使ったりして

なかなかな眠れませんね。

学生の頃の修学旅行の時がそれですね。

気が知れている人なら多少眠れるかもしれませんが、

気の知れてない人と同室だと最悪です。

変な醜態はさらせませんから、気を張ってしまって眠れません。

緊張すると眠れなくなる・・

次の日が発表会だったり、人前でしゃべらないといけない時は、

前日から緊張して眠れないですね。

頭の中でリハーサルが繰り返されてしまいます。

枕が合ってないと眠れない・・

自分に合ってないと首がいたくて眠れないです。

ベッドが沈み過ぎるのも首が痛いです。

でも、畳の上に布団を敷くと眠れるのはなぜ?

目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン。

起床後、太陽の光を浴びてから約15~16時間後に眠気が現れます。

これがないと、その夜の寝つきが約1時間遅れることがあります。

11月は日の出が遅いので、なかなか起きれなくなりますね。

光が入ると確かに自然に起きれます。

夜は明るすぎない照明を。

暗くすると眠気がきます。

それを逃すと朝の起きる時間がずれて困ることが時々あります。

適度な運動。

動くことは大切ですね。

動かないと、お腹が減らない。食べる時間がずれる。

適度な運動は気持ちが良いものです。

動かないと眠気も来ないようです。

病気の元、不健康の元、を作らずに毎日過ごすのも大変ですね。

毎日子供のリズムもみないといけないので、

世の親御さんたちも大変だと思います。

私は自分の事より子供優先です。

あと、寝る前には歯磨きを忘れないように!

歯の衛生が悪いとこれも病気を引き起こします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。