シーツとカバーって違うの?知っとくと使えるお好みに合わせた使い方

スポンサードリンク

ベッドや布団をセットするときに

シーツやカバーの違いで悩んだことはありませんか?

シーツとカバーって似ているから

どちらか一つの使うというのはダメなのでしょうか?

今回はシーツとカバーの違いを分かりやすくご説明します。

【シーツの特徴と役割】

シーツとは敷布団などの上に敷く

大きな1枚の布のことをいいます。

布団を覆うことで布団の汚れや損傷を防いでくれます。

また肌触りを良くする効果や汗などを吸収し発散させる効果があるため

快適な睡眠へと導いてくれる役割もあります。

シーツの使われる素材は綿、麻、シルクなど

様々な種類があります。

シーツの素材によって性質や使用感が違ってきます。

そのため肌触りを重視するか、機能を重視するかなど

たくさんの種類の中からお好みのものを選ぶことが出来ます。

シーツには“フラットシーツ”“ボックスシーツ”

2つの形状があります。

フラットシーツは1枚の大きな布で出来ているタイプで、

洗濯もしやすく様々な大きさに対応でき、活用の幅も広いのが特徴です。

ボックスシーツはマットレスに対して良く用いられます。

底面にゴムが入っているので

マットレスにぴったりと固定することが出来ます。

使えるサイズに決まりがあるので、

たくさんの種類には使えないという点もあります。

シーツを使わないと布団やマットレスに直に寝ることになります。

一般的に成人の方が寝ているときにかく汗の量は

体質や季節などで異なりますがコップ1杯程度といわれています。

汗は放っておくと酸化し、

悪臭の原因になったり、カビや細菌を繁殖させてしまします。

シーツを敷いていればシーツが汗を吸収し、発散させてくれるので

布団やマットレスを汗から守ることが出来ますし、

すぐに取り外して洗濯するのも簡単にできます。

布団やマットレスを洗濯するのは一苦労ですよね。

布団やマットレスの質を落とさないためにも

シーツを使うことはとても大切なのです。

またシーツ選びで大切なことは、

どんなにマットレスや布団を良いものにしても

シーツが機能性の低いものであれば

布団やマットレスの効果を軽減してしまいます。

肌触りももちろん考慮したいですが、

機能性もしっかり見て、

布団やマットレスの効果を最大限に生かせるシーツを選ぶことをおすすめします。

もし自分ではわからないようでしたら、

販売員さんなどに相談するのが良いでしょう。

【一方、カバーの特徴と役割は?】

カバーは袋状になっており敷布団を中に入れ

布団が直接汚れないように防いでくれるものです。

カバーの役割は実はほとんどシーツと変わりないのです。

カバーを使うことで布団を守る役割があり、

また肌触りなどを考慮し、快適な睡眠へと導いてくれるのです。

同じ役割を持っているのに

どうして二つとも使う必要があるのか疑問ですよね。

その答えはいくつかありました。

まず布団をしっかり守るためには

併用する方が効果が高いのです。

布団は摩擦やほこり、汗など

劣化につながるものはたくさんあります。

シーツだけ、カバーだけよりもダブルで使うことで

布団への負担をより軽減できるのです。

他の理由としてはそれぞれ違う機能に特化しているということもあります。

最近は様々な特性をそれぞれ持つようになっていますが、

少し前まではシーツは汗を吸収・発散するもの

カバーは布団を傷つけないために使うもの

そう考えられていました。

そのため今でもそれぞれ素材を選ぶときに

そういった特性を持ったものを選ぶ傾向にあるそうです。

布団ってなかなか洗濯できないですし、値段もある程度するので

すぐに新しいものに変えるのも難しいですよね。

布団を長持ちさせたいとお考えでしたら、

どちらか一方を使うのではなく、

併用してご使用されることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。