バスマットの洗濯…一緒に洗える?洗えない?悩む人への一覧表

スポンサードリンク

バスマット洗濯、どうやっていますか?

他のものと一緒に洗っていますか?

洗濯機を何回もまわす手間を考えてしまうと

出来れば洗濯の回数は少なくしたいものです。

バスマットは他のものと一緒に洗っても大丈夫なのか?

今回は正しいバスマットの洗濯方法をご紹介します。

【バスマットって雑菌だらけ!同レベルの洗い物って何?】

バスマットは1度使用しただけでも

かなりの菌が付着するといわれています。

タオルなどにもたくさんの菌が付着しますが、

タオルは毎日洗っているという方多いでしょう。

バスマットも同じくらい、

またはそれ以上の菌が付着しているのです。

そのためタオルと同じくらいの頻度で洗わないと

どんどん菌がたまるばかりなんです。

バスマットはお風呂後の水分を足元から吸収してくれる、

お風呂には欠かせないアイテムですよね。

もともと湿気の溜まりやすいお風呂場にあるバスマットは

カビが最も住みやすい場所でもあります。

そのため洗濯しないで放置しておくだけで

どんどんカビは繁殖していきます。

例えばお風呂を2週間掃除しなかったらどうなりますか?

かなりカビが酷く目立つようになりますよね。

バスマットも目には見えませんが、

同じような状況になっているのです。

お風呂に入ってせっかくきれいにしたカラダなのに、

バスマットを洗っていないと、

身体に菌をつけてしまっているんです。

衛生面を考えても定期的にはバスマットの掃除、していきたいですよね。

洗濯の頻度はご家庭の人数やお風呂場の環境にもよってきますよね。

家族の人数が多ければその分マットが吸う水分量は多くなりますし、

換気が悪い場所であればカビがより繁殖しやすくなります。

もちろん毎日洗うことも良いですが、

平均としては1週間に1回程度洗濯するだけでも十分といえるそうです。

他の日は使用後にそのままにしておかず、

乾燥させるようにするだけで、良いそうです。

バスマットの洗濯はできれば普通の洋服とは別に洗った方が良いでしょう。

毎日洗っている場合は問題ないかと思いますが、

久々の洗濯となるバスマットには

驚くくらいの菌が繁殖している可能性もあります。

菌がうつらないためにも別々に洗うことがおススメです。

もし一緒に何か洗うとしたら、

トイレのマットやキッチンマットは一緒に洗っても問題ないでしょう。

トイレのマットもキッチンマットも

やはり菌が繁殖しやすい状況にあります。

定期的に洗うことを考えても手間にならないためにも

まとめて洗うのが良いかもしれませんね。

【洗剤の汚れ落とし効果、恐るべし!】

バスマットの洗濯は頻繁に行っているのであれば、

通常の洗剤のみで十分にきれいにすることが出来ます。

しかし、かなり放置してしまった場合には

しっかり殺菌しなくてはいけません。

おススメの洗濯方法は酸素系の漂白剤の使用です。

まずバスマットにはほこりや髪の毛が付いているので

カーペットクリーナー(コロコロ)で掃除します。

その後酸素系漂白剤をバケツに入れ

2時間ほどその中にバスマットを浸しておきます。

最後に洗濯機で洗濯してしっかり乾かしたら終了です。

生乾きの状態でまた使用してしまうと

菌がすぐに発生してしまうので、

必ずしっかり乾かしてから使用するようにしましょう。

しっかり洗濯することで、

バスマットの汚れや菌はしっかり落とすことが出来ます。

最近では防水効果や速乾性の高いバスマットなども販売されています。

お風呂後の体を清潔に保つためにも、

お風呂場を環境良くしておくためにも、バスマットをしっかり洗濯して、

菌が増殖しないように心がけていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。