現役清掃員が教えます。フローリングの黒ずみに効くアイテムベスト5

スポンサードリンク

水拭きだけではちゃんと落とすことの出来ないフローリングの黒ずみ。

実は黒ずみの原因は1つではなかったのです。

フローリングの黒ずみの原因をしっかり把握し、

その原因にあった方法で掃除をするようにしましょう。

【窓際の黒ずみはカビです。薄めたアレが大活躍】

窓際に出来てしまっている黒ずみの原因はカビです。

室内の温度と外気温の差によって窓には結露が生じます。

でも結露が生じたからといって

すぐに拭き取っているという方は少ないですよね。

結露が生じることで窓際の湿度がよりあがり、

カビが繁殖しやすい環境が出来てしまうのです。

カビはものすごい勢いで繁殖します。

その為しっかりカビ対策を行わないと、どんどんカビは繁殖してしまい、

フローリングの黒ずみもひどくなっていく一方です。

フローリングのカビの掃除におススメなのが「エタノール」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消毒エタノールスプレー(100mL)
価格:410円(税込、送料別) (2017/12/27時点)


消毒薬として使われているエタノールは

カビタンパク質を除去してくれる性質があるため、

カビ除去に適しているのです。

掃除方法は、まずエタノールスプレーを作ります。

スプレー容器の中に

無水エタノール80ml水20mlをいれしっかり混ぜます。

このスプレーを使って掃除していきます。

フローリングの素材によっては脱色してしまう可能性がありますので、

目立たない部分で試してから使うようにしてください。

大丈夫であれば、カビがひどいところにスプレーし、

その後しっかり拭き取るようにします。

これだけでOKなんです。

カビを殺菌するのには

70%のエタノールが適しているといわれています。

ドラッグストアなどでも簡単に購入することができますので、

ぜひ使って掃除してみてください。

掃除をする際は掃除用のめがねやマスク、

ゴム手袋を装着するようにしましょう。

カビを掃除しているとカビの胞子が飛び散ることがあります。

そのカビの胞子が体内に入ってしまうと

健康被害を受けることもあります。

そうならないためにもしっかり予防をしておきましょう。

【キッチンにも隠れた黒ずみがいっぱい!】

キッチンにできる黒ずみは油が原因です。

料理をしているとどうしても油が飛び散ってしまいますよね。

すぐに拭けたら良いですが、なかなかそうもいきません。

放っておけば黒く変色し黒ずみになってしまいます。

油による黒ずみには中性洗剤がおススメです。

バケツいっぱいに水を入れ、

その中に中性洗剤を小さじ1杯ほど入れます。

その洗剤液に雑巾を浸し、

固く絞ったら黒ずみの部分をしっかり拭き取っていきます。

中性洗剤は沢山使用するとべたべたしてしまうので、

多くても小さじ2杯程度にしておきましょう。

油汚れにはオレンジ洗剤もおススメです。

オレンジにはリモネンという成分が含まれており、

リモネンは油汚れを落とすのに適しています。

中性洗剤と同じように水で薄めたあと

雑巾を浸し固く絞って拭き取るようにしましょう。

キッチン用のマジックリンも同じような方法で黒ずみの掃除が出来ます。

フローリングの素材によって使用できる出来ないもありますので、

確認しながら使うようにしましょう。

フローリングに油が飛び散ってしまったり、

結露が生じたらすぐに対処すれば、黒ずみも予防できます。

しかしなかなかすぐに、というのは難しいですよね。

そのためにワックスがけをしっかりしておくことをおススメします。

ワックスがけをすることでフローリングの保護になりますので、

黒ずみの予防に効果的です。

汚れたフローリングよりやっぱりキレイなフローリングのほうが心地よいですよね。

ぜひ普段から適した方法でお掃除することを心がけましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。