スカートのたたみ方を知って収納上手になろう!

スポンサードリンク

洋服の中でもたたむのが面倒なスカート。

キレイにたたまないと収納もうまくいかないんですよね。

しかも上手くたためていないと

着たときにシワが出来てしまっている…なんてことも。

今回はスカートを上手くたたんで収納するコツをご紹介します。

【種類別のスカートのたたみ方】

スカートには

ミニスカート、ロングスカート、タイトスカート、フレアスカート、プリーツスカート

など様々な種類がありますし、使われている素材も違ってきます。

基本的には長さに合わせてたたみ方を変えていきます。

<長いスカート>

STEP1:

スカートを広げます。

STEP2:

スカートが長方形になるイメージで

左右に広がっているスカートのすそをウエスト幅に合わせて内側に折ります。

STEP3:

収納場所のサイズに合うように三つ折か四つ折りにします。

<短いスカート>

STEP1:

スカートを広げます。

STEP2:

スカートを縦半分に折ります。

STEP3:

ウエスト幅よりはみ出たすその部分を内側に折り、

長方形の形にします。

STEP4:

収納場所のサイズに合うように三つ折か四つ折りにします。

たたむポイントは長方形の形に折るという点です。

その後三つ折りなどにすることでキレイに収納できるようになります。

【シワを作らないためのコツ】

スカートにシワを作らない方法として

たたまずにハンガーにかけておくという方法もあります。

そのためスカート専用のハンガーというのも販売されています。

ハンガーにかけたままというのは手間もかからず、

たたむことでのシワの心配もいらないので便利ですが、

全てハンガーにかけておくとかなり場所が必要となってしまいます。

それはそれで大変ですよね。

そこで知っておきたいのが

シワにならないスカートのたたみ方です。

シワを作らないためには

タオルなどをクッションにして一緒に巻いておくことがおススメです。

STEP1:

スカートを広げます。

STEP2:

スカートを縦半分に折ります。

STEP3:

縦半分に折ったサイズと同じくらいのサイズのタオルを用意し、

その上にスカートを置きます。

STEP4:

スカートの形やデザインを整えます。

STEP5:

タオルと一緒に巻き寿司の要領でスカートをくるくる巻きます。

STEP6:

他の洋服と重ねないように収納します。

スカートは普段はたたんで収納しておき、

着る前日にハンガーにかけておくと良いでしょう。

きれいなたたみ方をすることでスッキリと収納できますし、

シワにならなければ着る前にアイロンがけをする手間も必要もありません。

素材によってはシワを形状記憶してしまう場合もあり、

取れないしわになってしまうこともあります。

大事なスカートがそうならないように、

大切にたたんで収納していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。